「京都市」シングルマザー「上戸彩に激似」!フル勃起でホテル退室

私はPCMAXを使って基本的には40代の人妻とのセックスを楽しんでいます。唯一の例外は「シングルマザー」ですね。

 

シングルマザーはセックスする相手をPCMAXで探しまくっています。メール・ラインの、やり取りさえ上手くいけばセックスまで持ちこめる場合が多いです。

 

今回はシングルマザー特有の問題で勃起したままホテルを退室した悲惨な経験談です

「京都市」シングルマザー40歳「上戸彩に激似」と再会

PCMAXを使い始めて1年くらい経つと私も完全にノウハウを自分なりに取得して月間4~5人の人妻と出会い、その中でも90%以上の確率で「即ハメ」まで行けるように成長していました。

 

今日の女性は人妻ではなくシングルマザーです。シングルマザーの場合は「心に闇」を抱えている人が多いので余り気乗りは、しないのですが珍しくシングルマザーでも2回目の再会と、なります。

 

私は「上戸彩」が年甲斐もなく大好きなのですが何とシングルマザーの彼女は「上戸彩」に激似なんです。しかも京都に住んで居るにも関わらず、わざわざ滋賀県まで来てくれる私に、とっては絶対に「セフレ化」したいシングルマザーの彼女です。

 

シンママの彼女と会ったのは1ヶ月前。

 

その時は警戒心が強くて、なかなか落とすのが難しかったのですが何とか私も経験を積むなかで実力もアップしてましたから、何とか口説き落としセックスすることに成功したシンママです。

 

彼女は40歳で子供は3歳の男の子が居ます。ですから会えるのは平日の日中に限定されます。今日は私もセックスする為に「有給」を取り、いつもながらED薬も、朝から気合を入れて飲み、念の為に予備のED薬まで持参する用意周到ぶり。

 

シンママの彼女は、未だ40歳で性欲も旺盛ですから二回戦・三回戦になっても戦える、心とチン〇の用意は万全に、しておきました。

シングルマザー40歳「上戸彩に激似」ラインでエロさ満開

40歳の上戸彩似のシングルマザーは前回にセックスしてからは、人が変わったかのように毎日ラインを、くれます。私もマメに連絡はするタイプですが彼女から毎日、夜にラインをくれました。

 

仕事中はラインできないから19時以降に、ラインしてな

 

と頼むとキッチリ、毎日19時にラインが来る可愛さ

なぜいつも19時ピッタリにラインをくれるか?と言うと

 

19時のライン=私

というのを刻み込んで欲しいから、だそうです。

 

もう、この話を聞いて、なんて自分は幸せなんだろう。45歳にして、まさにモテ期の到来を自覚するほどでした。彼女と、お茶を飲んでいる時にも周りの御客さんが

 

「あの女の人、上戸彩に似てるよね?」

と言う声がハッキリと聞こえてくる快感。

 

私に、とっては自慢でもあり勿体ない位の美貌でした。

 

そんな彼女は1回目に即ハメしてからはラインの内容が一変。

 

「早く入れて欲しい。今度はいつ会えるの?」

「今度も、いっーーーーぱいイカセてね」

「もう、あのセックス忘れられない」

 

毎晩19時のラインは、このようなラインでした。シンママはセックスレスで性欲は半端なくありますから人妻と同じ位、会えば殆どセックスできます。彼女からは、その可能性を教えてもらいました。

シングルマザー40歳「上戸彩に激似」ミニスカで登場

今回のシンママ「上戸彩」似との約束は水曜日の午前10時に設定。場所は山科まで来てくれます。今回、彼女に御願したのは「ミニスカ」を履いてくること

 

シンママの彼女は予想通り

 

40歳でミニスカは恥ずかしい

 

とラインで返信

 

そんなことない。前回に脚、メッチャ綺麗やったもん

 

と、ほめ倒す私。

 

じゃ、履いていくね

 

と答えてくれるシンママに対して「独占欲」が満たされ大満足の私。ミニスカを履いたまま、チン〇を挿入するのが大好物なんです。

 

初回にミニスカを履いてくる人妻は殆ど居ませんけど2回目に会う人妻は、私が頼めば殆どの人妻はミニスカを履いて来てくれます。

 

…と言うか「ミニスカを履いてくる」ことを条件にするほど私は調子に乗ってました。それ位、人妻の心を掴んでいる自信が今はあります。

 

水曜日の10時

時間ピッタリの山科駅に現れた上戸彩似のミニスカのシンママ。キレイな顔をマスクで隠していますが、それでも綺麗さは周囲の目を引く程のレベルです。

 

今日も、このシンママとセックスして「アンアン」と俺は言わせるんだ…と思うと早くもチン〇はフル勃起状態。

 

車に、乗り込むと同時に手を繋いでくるシンママ

 

ねぇ、私と会いたかった?ねぇ、ねぇ…

 

と、普通の人妻なら「シツコイなぁ」と思いますがシンママの彼女には何でも許せてしまう45歳の、だらしない私

 

勿論、会いたかったよ

 

と言いながら、信号待ちで早くもキス。

 

周りの車から完全に見えてましたがガン無視状態で信号が変わるまでキスしていました。もう彼女は、いつでもセックスOKの状態でしたがセックスだけでは、可愛いシンママとの時間が勿体ないと考えた私は、琵琶湖岸のオシャレなカフェに向かおうと想ってました。

 

するとシンママが

 

私ね。。。実はお弁当作ってきたんだ

 

と、言うではありませんか?もう私は嬉しくて嬉しくて大興奮状態でした。

 

だってホテルで食べたほうが一緒の時間が長くなるもん

 

と、少し頬をふくらませながら話すシンママが可愛過ぎて再びキス。

 

今度は車通りの少ない道でしたので舌まで入れる激しいキスでした。彼女のミニスカからは私が「好き」と話していた「白色のパンティ」が見えています。

 

もうすぐ、このパンティも剥ぎ取ってチン〇を挿入出来るんだと考えると車の運転もヤバイくらいの興奮状態でした。

シングルマザー40歳・抜群のフェラ

彼女の、お弁当のお蔭で守山市のホテルには11時に到着することが出来ました。このホテルは窓から琵琶湖が見えて女性からの人気が高いんです。

 

ホテルもキレイだしサービスも抜群。私は年間50回前後は使う「超VIP会員」です(笑)

 

ホテルに着くと彼女は手を握ってきて自分で部屋を選んでいます

 

ねぇ、私が決めてもイイ?

 

あくまでも決定権は男性にゆだねる可愛さ

 

いいよ。どこでも

 

本当!じゃ、ここにしよっ!

 

彼女が選んだのは不思議なことに値段の安い部屋でした。おそらく私の金銭的な負担を考えてくれた?のでしょう。前回・今回ともにホテル代は私が持つことに、なってましたから。

 

この辺りの気配りが「自然」に出来るのが上戸彩似のシンママの魅力です。私が「セフレ化」したいと想う人妻は殆ど、この「気づかい」が出来るタイプなんです。

 

「セックスさえ出来ればイイやん」との考えも有りますが、それでは、お互いに重たくなります。やはり出会い系のPCMAXで出会いが有ったにしても「大人としての気づかいが出来る人」としか長く付き合いは続きません。

 

部屋に入るとシンママが、ガマンしきれずに抱きついてきました。即効で私のズボンを下げてチン〇を出そうとします。

 

いや、未だ今日は時間あるからシャワー浴びようよ

 

ダメ。。。もう大きくなってるの知ってたもん。。。

 

フル勃起していた事は車の中で既にシンママにバレバレでした。それでも即効でフェラしてくれる可愛くて優しさ満点の彼女。本当に、この女性に私はメロメロに、なってました。

 

前回のセックスの時にもフェラは、してくれましたが恥じらいからか、イマイチなフェラでした。ところが今回は抜群のフェラのテク。私が前回の時に「亀頭を攻めて」と話した事を、しっかりと覚えていてくれて亀頭中心に舐め回すシンママ

 

フェラのテクも抜群でしたが、何せ顔が上戸彩にソックリなのでホンマの上戸彩にフェラされているようで大興奮状態の私。

 

前よりオチンチンが大きく感じる!まさか浮気した?

 

と頬を、膨らませて疑うシンママ

 

浮気は何回もしていますから、動揺したものの、聞こえないふりしてスルー(あぶない、あぶない)

シングルマザー40歳・ミニスカ履いたまま挿入

シンママのフェラで既に射精しそうな私でしたが何とか堪えて、今度は攻守交代。ミニスカを履いたままの彼女をベッドに押し倒しました。

 

ミニスカ好きなの?

 

大好き!良く似合うよ。脚がキレイ

 

ホンマ!嬉しい!超久しぶりにミニスカ履いたから…。何か周りの目が気になって

 

(そりゃ、こんな可愛い女性がミニスカ履いてたら男は振り返るやろな)

 

ミニスカ履いたまま、白い可愛いパンティに手を入れると濡れやすいシンママは既にオマン〇がビチョビチョ。

 

もう触らないで。恥ずかしいから

 

そう言われると余計に触りたくなるもの

 

パンティも剥ぎ取り、子供を産んだとは思えない「ピンク色のオマン〇」をクンニし始めました。シンママは元旦那とは殆どセックスせずに離婚した2年間はセックスレス。その上、半端ない性欲の持ち主ですから感じまくります。

 

クンニをし始めて3分も経たない内に、カラダをピクピクさせながらマヒしてイク、40歳のシンママ

 

興奮しながらも何故か、感動するシンママのイク姿

 

それでもシンママにクンニを、しつこい位に続けてクンニで2回彼女はイキました。前回は緊張していたのか?なかなかイクのに時間が掛かったシンママですが今回はリラックスしているのか?イクのが早いです。

 

クンニの次は彼女が大好きな正常位

 

彼女は好きな人の顔を見ながらガンガンと突かれるのが大好き。その期待に応えるべくガンガンと今日も好調なチン〇を突きまくる私。友人から紹介してもらったED薬が私にはピッタリと合い、チン〇の状態は、異常なくらい好調が続いていました。

 

シンママも

 

あぁ。凄い。凄い。なんで、こんなに…あぁ

 

と言葉にならないくらい今日も感じまくるシンママ

 

正常位の次は私の絶対的な自信のある騎乗位で攻めます

 

私は、この頃には騎乗位に絶対的な自信を得て居ました。何故なら騎乗位ではイカナイことが自分で分かったからなんです。やはり男は自信を持つと一層、セックスも激しくなります。いくら突いてもイカナイのですから。

 

騎乗位でシンママの小さい、おっぱい(これだけが残念なところです。シンママのバストは75くらいのAカップ⇒本人が言ってました。それでも乳首はピン色です)をモミしだき、乳首を舌で転がすと

 

前から言おうと想ったんやけど舌使いが絶妙

 

シンママに褒められて更に加速する私

 

上戸彩に似た表情が快感で、ゆがむのを見ながらも下からガンガンとチン〇を突きあげます。シンママは喘ぎ声は恥ずかしいのか大きな声は出しません。枕を自分の口で抑えてガマンします。その姿が可愛くて一層、興奮する私。

 

騎乗位でもシンママは2回イク乱れぶり

 

それでもチン〇の快進撃は治まらず今度はバック

バックから再び正常位の体制で突きあげます

 

もう、御願します。イッテ下さい!

シンママが敬語で前回同様に懇願してきたので

 

今日も俺の勝ちやな!

 

と想いつつ、それでもガンガン腰を振りチン〇を突きあげて15分後に射精。私も大満足の射精でした。ちなみにシンママはパンティは剥ぎ取りましたがミニスカは履いたまま。

 

その方が興奮するんです。

 

彼女は、しばらく動くことができません。

私は、シンママを腕枕しました

 

凄かった。ありがとう

 

と言いながら抱きついてくるシンママ

 

(なんで、こんなイイ女性が離婚したんかな。…と、自分も離婚しているのに考える私)

 

しばらく2人とも放心状態で少し眠ってしまいました。時間を見ると昼の13時過ぎ。子供さんは、お母さんに預けているので17時に帰宅すればイイと聞いてましたが、それでも時間が勿体ない。

 

二回戦・いや今日は三回戦まで行っても大丈夫なように予備のED薬も持参しています。彼女が作ってくれた、お弁当が、また可愛くて美味しいのです。

 

私は離婚して以来「家庭の味」を知らない(忘れている)ので、余計にオイシク感じました。本気でシンママの事を好きになっている自分が居ました。

 

そんなに急いで食べなくても無くならないよ

 

と5歳も年下のシンママに怒られる私

 

その姿が何故か「可愛い」と抱きしめてくれるシンママ

 

お弁当を食べながら、オッパイを吸う理想的なランチタイムでした。

 

俺って最高に幸せ…

 

と余韻に浸っていた、その時…

 

彼女の携帯が鳴ったのです。

シンママの子供が高熱!ホテルから退室

彼女は仕事を、していますが仕事場から電話は掛かってこないと前回に話していました。何度も鳴るので

 

イイよ。出なよ。急用かもよ

 

シンママは電話に出たくない感じでしたが

 

あっ!お母さんからや!

 

ビックリして電話に出ました。そして直ぐにシンママの表情で子供さんに何か有ったことは分かりました。

 

電話を切ってシンママが

 

ゴメン!子供が吐いて、熱があるから病院からお母さんが電話くれた。点滴うけたから大丈夫らしいけど

 

大丈夫じゃないよ!帰ろう!送っていくから。直ぐに用意して

 

えぇ。残念…

 

そんな事、言ってる場合じゃないよ。今度会えばイイやんか。子供さん優先やで。

 

わかった。ありがとう。

 

その時に、気づけばED薬が効きすぎてチン〇は勃起してました。シンママが気づいてチン〇に優しくキスしてくれました。またヤリタクなりましたが、ここは子供さん優先です。

 

結局、2人ともにシャワーも浴びずに守山のホテルを退室。そこから名神高速道路を使い京都南インターで降りました。彼女は京都市の伏見区に住んで居ます。

 

もちろん、自宅近くまで行くことはしませんが出来るだけ目に付かない場所まで送ってあげようと想ってました。

 

何故か彼女は、ずっと泣いたまま。

 

その理由は聞かずに伏見区へ。

 

シンママが

ありがとう。ここから歩いて5分だから

 

と、言うので、ここでシンママを降ろすことに。

車から降りる時に彼女の頭をなでるとキスしてきました

 

ありがとう。夜にラインするわね

 

と言い残し、シンママが駆け足で自宅に向かっていきました。

 

あぁ。残念…。

 

今日は三回戦までは出来たなぁ(ちなみに三回戦の経験は、当時は有りませんでした)。その時点でも勃起しているチン〇を、なだめながら仕方なく帰宅しました。

 

帰宅した時点で17時でしたけど悶々とした気分は晴れず

 

上戸彩の動画を見ながらオナニーする45歳

 

勃起したままホテルを後にする…忘れられない日になりましたシンママと3発2日の旅行へ

 

45歳中年ブサイク男がPCMAXに登録して150人とセックスしたノウハウ→コチラ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事