京都市のシングルマザー40歳・「上戸彩に激似」即ハメ

滋賀県の43歳・美魔女をセフレ化して以来、何となく出会い系サイトの攻略方法が分かってきました。

そこで、一気に経験値を上げる為に43歳の美魔女はキープしつつ、次の女性を果敢に狙うことにしました。

人妻の次のターゲットはシングルマザー

PCMAXの出会い系サイトに登録して始めの1ヶ月は悪戦苦闘の毎日でしたが、元々営業職で断りに慣れている私は、ヘコむことなく次のターゲットを考えていました。

 

43歳の美魔女はキープしながらも

  • 滋賀県在住
  • シングルマザー
  • 40代

の女性にターゲットを絞りました。

 

本来は「人妻」で攻めようと考えていたのですが、性格が飽き性なので、当分は「人妻」は43歳の美魔女で良いか、と考えていました。

 

住んで居る場所は、もはや京都で勝負する気は全くなし。

京都では惨敗続きの私が「場所」を滋賀県に変更して「ターゲット」を40歳・人妻に変更したダケで、メールの返信は当初の2.5倍になっていました。

 

ですから、わざわざ京都に行かなくても地元で、熟知した滋賀県で勝負すれば充分と。

しかも滋賀県のラブホテルは琵琶湖大橋の近隣に集中していて料金も京都より安く、人目に付きにくいこともありました。

 

今回は「人妻」ではなくて「シングルマザー」をターゲットに、することにしました。

 

何故なら私に出会い系サイトを教えてくれた元・同級生が「シングルマザー」とセックスしまくっていたからです。

 

彼曰く、シングルマザーは

  • 性欲が半端ない
  • 旦那が居ないので後腐れが無い
  • 綺麗な女性が多い

との情報は有りました。

 

実際に私の周りにもシングルマザーが居ますが、殆どの女性は若くて可愛いです。なぜ、こんな女性が離婚するのか?と不思議な女性が多いですね。

 

そこで、私はシングルマザーを攻略するためにPCMAXの掲示板にも自分が「バツイチ」であることを正直に書きこみました。

 

「私もバツイチなので離婚の辛い気持ちは分かります。先ずは、お茶から始めましょう」

 

と、いかにも紳士らしい、書きこみをしました。

業者?それとも本当のシングルマザー?

私は営業職ですので終日、外に出て仕事しています。

もちろん、結果は問われる厳しい会社ですが、既に「コツ」を掴んでいた私は毎月の「ノルマ」は月の前半で楽々達成。

 

残りの日は次月の仕込みと「出会い系サイトの仕込み」に充てる時間は充分に有りました。

 

事務系の人は難しいと思いますが、出会い系サイトは営業マンに、とっては好都合です。外出中に女性と会うことも充分に可能ですからね。

 

ある火曜日の昼過ぎ。

 

その月も、10日でノルマを達成して翌月の仕事の段取りと共に、並行して「シングルマザー攻略」も進めていきました。

 

掲示板に書き込んだ次の日。

 

ある1通のメールが届きました。

 

「京都市在住なんですが構わないですか?顔は上戸彩に似てるって言われます」

 

これは、どう考えても「業者」でしょ?自分で「上戸彩」に似てるって、ずうずいしいにも程があるな!と若干の怒りが。

 

女性はプロフィール写真を載せる人は殆ど居ないのですが彼女は「ぼやけている」にしても、顔写真を載せています。

ハッキリと上戸彩に似ているか?は分からないですが確かに、綺麗と言うよりも可愛い女性の雰囲気。

 

いつもの「人妻」であれば完全に無視するのですが「シングルマザー」との、やり取りは初めてなので、これも勉強と割り切り、返信することに。

 

「私は滋賀県在住で、琵琶湖をドライブしたいのですが、どうですか?」

 

すると、1時間後には早くも返信が。

 

「私、滋賀県は余り知らないので嬉しいです。京都は人目も気になるので」と、予期せぬOKの返事が。

 

ここで焦りは見せてはダメ!と

 

「今夜にメールしても大丈夫ですか?」

「はい。大丈夫です。子供は9時には寝ますから」

 

ここで「子供さんは未だ幼稚園くらい」と推測。滋賀県でデートして、セックスするには平日の昼過ぎまでが「勝負」であることが判明しました。

シングルマザーは40歳の上戸彩に激似

その夜、帰宅して私は彼女に送る写メを撮りまくりました。やはり自分は45歳ですので(掲示板にも年齢にウソは有りません!と書いています)見た目は、拘りたいと考えていました。

 

そうこうする内に、あっと言う間に時間は21時過ぎに。

 

女性との時間を守るのは出会い系でも必須です。21時過ぎに彼女にメールを画像付きで送信しました。

 

すると5分も経たずに彼女からも画像付きの返信が。

 

彼女の画像を見てビックリ!!!

 

本当に上戸彩に激似なんです。40歳ですが見た目は充分に30代前半でも通用するレベル。

 

業者か?どうか?を見極める為に、単刀直入のメールを送りました。

 

「私は、性格の不一致で離婚したんですが〇〇さんは何故?離婚したの?もし良ければ教えて」

 

返信は来ないと想っていました…。会ってもいないのに失礼極まりない質問でしたので。

 

ところが。

 

10分後に

「元・旦那の暴力が原因で結婚して2ヶ月で別れたんです。ちなみに出来ちゃった婚でした。それ以来(2年間)必死で働いています。でも、毎日、寂しくて出会い系サイトに登録しました」

 

…との返信が来ました。

 

その返信には「ウソ」は無いと確信は有りましたが

 

「こんな可愛い女性が出会い系サイトに登録するハズない」

との想いも有りました。

 

しかしながら、彼女が業者ではなく本当に上戸彩に激似のシングルマザーならば

「会わないと後悔する」

ことに、なります。

 

そこで私は待ち合わせ場所をJR大津駅の構内に有るスタバを指定しました。

その代わり

 

「日時は、あなたに合わせます。子供さんの都合も有るでしょうから…」

 

と返信しました。

 

「嬉しい。有難うございます。子供の事まで考えてくれる人は初めてです」

上戸彩に激似のシングルマザーと会う

次の週の水曜日の午前10時に大津駅のスタバ前で待ち合わせ。ここで女性が「業者」ならば、お茶してバイバイのパターンを考えてました。

そういう意味ではスタバは使えます。

 

その日は私も「有給」を取得。余り期待はしてませんでしたが、もしかすると「セックス」の可能性もあることから入念に勃起剤を飲み、勃起薬も持参していました。

 

約束の10時前にスタバの近くのパーキングに車を止めた時にラインで

 

「今、着きました。中で待っています」

とのラインが。

 

「了解。」

 

と、だけ返信して

「これは業者じゃないな」

と想っていました。

 

何故なら「業者の女性」は殆どが時間にルーズなんです。また、ラインも絵文字を多く使うのが特徴です。

彼女は40歳で、落ち着いて居るのか時間も厳守ですしメールに絵文字も一切出てきません。

 

そこで車を止めると同時に私は念の為に勃起薬を飲みました。

「どうぞ、無駄に終わらないように」

と想いながら。

 

スタバの大津駅前店は、いつも御客さんの数は少ないです。私は営業の合間に何度も行ってますから店内の様子は熟知しています。

 

この日も、席はガラガラの状態。

 

一瞬で彼女の姿が目に飛び込んできました。

本当に「上戸彩」に激似。メッチャ可愛い。

 

と想いながら彼女に近づくと、何と彼女は椅子から立ち上がり挨拶してくれました。

 

「はじめまして。○○です。今日は、お忙しいのに有難うございます」

「いえいえ。こちらこそ」

と、挨拶も、そこそこに思わず私は

 

「本当に上戸彩に似てますよね?メッチヤ可愛いじゃないですか!!!」

「そんなことないです。40歳でバツイチですから」

「いやいや。僕もバツイチやん?お互い気を遣わずに話しましょう」

上戸彩に激似のシンママを即ハメ

私は女性経験こそ少ないですが(この時には未だ6人)営業マンの経験だけは長く女性の顧客も多いので、話すのは慣れています。

 

特に女性の方との会話では「聞き役」に徹することが大事。そして、ウンウンと同意してあげる…。それだけで極論ですが「おちる場合」も、あります。

 

会って未だ10分位の段階で私は

「今日は即ハメしよう」

と、考えていました。

 

もちろん、彼女には悟られないように気を付けながら。

 

彼女が「業者の女性」では、ないことは直ぐに分かりました。何故なら勤務先と住んで居る場所を自ら教えてくれたからです。

 

これは不思議です。

 

私から「教えて」とは一言も言っていないにも関わらず。

この辺りは営業マンの長年の資質かも知れません。

 

彼女曰く

  • 旦那のDVで2ヶ月で離婚(ライン内容と一致)
  • 子供は保育園
  • 年齢は40歳(誤魔化していない)
  • 元々、大阪に住んで居たので京都に友達は居ない
  • 仕事と育児の毎日で寂しい
  • 男の人が怖い(DVの残像が消えない)

 

色んなことを話してくれました。この時に私の中では

「今日は勝負」

と決めていました。

 

前回の43歳・看護師と違い今日は「即ハメ」したほうが良いとの判断でした。

 

そこで

「カラオケ行こうか?」

「えっ?嬉しい!どこですか?」

「二人きりで歌いたいんよ」

「・・・・」

 

彼女は黙っていましたが「沈黙はイエス」との判断でスタバを早々に退店。

 

スタバでコーヒーを奢っただけなのに

 

「私、自分の分は払います」

と、気の付く彼女。

「いいよ。いいよ」

と言いながら歩いていると何と彼女が手を繋いでくるでは、ありませんか

 

しかも「恋人握り」で。

 

もうこの時点で「即ハメ」しないとダメだと自分にプレッシャーが掛かります。車に乗りこむ時に、彼女が座る助手席のドアを開けてあげると

 

「わぁ。嬉しい!御姫様みたいに接してくれるんですね」

 

私が運転席に座ると同時に、お互いにキス…。

ラブホテルで激しいセックス

駐車場でしたから、それ以上のことは止めましたが既に私のチン〇は勃起状態で、いつでも挿入が可能でした。

「今日は勃起薬を飲んでいて正解」

と自分で自分を褒め称えながら。

 

行先のラブホテルは先月に43歳の美魔女と行ったラブホに決めていました。「ホームグランド」のほうが落ち着いたセックスが出来ます。

 

車の中で気になっていた質問を…

 

「今日は、子供さんの御迎えは何時なの?」

「今日はね、母に頼んできたんです」

「あぁ。そうなんや(ヨシヨシ。シメシメ)

 

「何で、そんな事を聞くのですか?(可愛い笑顔で)

「いや、まぁ。こっちの都合で」

「都合って何?(とろけるような笑顔)

 

もう車の中でもセックスしたろうかいな?と想う程に可愛い彼女。本当に今から、こんなに可愛い彼女とセックスを自分は出来るのだろうか…。

 

そうこうしている内に、ホームグランドのラブホへ到着。お互いに、お腹は空いて居ましたが我慢できませんでした。

 

この日は平日ながら部屋が一つしか空いてなかったのですが運よく、最後の1部屋に滑り込みセーフ。

 

部屋に入るなり、お互いに我慢できずに、むさぼるようにキス。そして早くも私は自分からズボンを脱ぐと彼女が待ち構えていたかのように濃厚なフェラを。

 

彼女の顔を見ながら「本当に上戸彩がフェラしている」感覚に、なり私は大興奮状態に。おそらく勃起薬を飲んでいなければ、この時点で射精していたハズです。

 

しかしながら勃起薬の効果は絶大で今度は彼女の服を荒々しく、脱がし始めます。

彼女はラインで言ってましたが、おっぱいは「小ぶり」でした。確かにAカップくらいの大きさで、そこは残念

 

ですけど子供を産んでいるとは思えないほど、胸は上向きで乳首の色もピンク色なんです。私の場合は乳首が黒いのは一瞬にして勃起が萎えます。

その点、彼女の「おっぱい」は大きさ意外は完璧でした。

 

彼女の「おっぱい」を攻めると

 

「あぁ…。乳首はダメ」

「なんで?」

「直ぐにイクから」

 

それを聞いて執拗に乳首を攻めたてる私。彼女の乳首が興奮の為にビンビンに立ってきました。

 

同時にクンニを始めようとした、その時に、彼女がビクンとマヒしたのです

 

「あれ?イッタ?」

「ハイ!ゴメンなさい」

 

その可愛い仕草に、興奮の絶頂の私。

上戸彩に似たシングルマザーを俺はイカシテいるんだ

…と言う満足感

 

クンニを5分もすると彼女は潮を吹きました。私は人生で女性に潮を吹かせたには初体験でビックリ。

 

「これが潮吹きか」

 

との感動すら覚えました。

 

それでも飲んだ勃起薬の効果は凄くて未だ挿入もしていない状態。

 

彼女は早く挿入して欲しそうでしたが、じらしまくり、乳首とクンニ攻めで何回もイク彼女

 

とうとう我慢できなくなり

 

「もう、おかしくなりそうです。入れて下さい」

 

と頼まれたので仕方なく挿入。

 

恥ずかしながら私はチン〇が小さいのが悩みなのですが、セックスで主導権を握ればサイズは関係ないです。

 

バキバキに勃起したチン〇で

正常位

騎乗位

バック

で何回も突きまくり。

 

彼女は本当にセックスレスだったみたいで

 

「あぁ…。イク…。ダメ…。」

 

の連発。

 

それでも構わず突き続ける私。

 

当時は自分に最適の勃起薬を飲んでいたせいか

「勃起力」

「持続力」

には、自信が有りました。

 

ほんの2ヶ月前までは女性経験が僅か5人の中年オヤジが生まれ変わっていました

 

経験を積んで自信を持てば

たった2ヶ月で変わるもんやなぁ

 

と自分で考えながら腰を振ってましたから、余裕は未だ未だありました。

 

でも。

 

彼女が

 

「もう、本当にダメです。ゴメンナサイ」

 

と叫んだので私も思いっきり射精。

 

未だ彼女が40歳なので残念ながらゴムは着用してました。

 

それでも

「こんな気持ちイイ、セックスあるんや」

と自分で感動するくらい大満足なセックスでした。

 

彼女は、しばらく動けませんでした。

心配しましたが笑っていたので

しばらくベッドで休憩

 

彼女が

「相当、遊んでますよね?」

と言ってきたので

 

「あなたで6人目(本当の話ですから)

「ウソばっかり(満面の笑顔で)」

 

「もう、俺のセックスの虜に、なったやろ?」

「ハイ…」

 

「エッ?」と想う位に素直。本当に可愛い上戸彩に激似の40歳シングルマザー

 

先月の43歳・美魔女の看護師に続くセフレ化が確定しました。

 

45歳中年ブサイク男がPCMAXに登録して150人とセックスしたノウハウ→コチラ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事